各医療施設が出す求人情報の内容は、その医療施設の抱える状況によって変わります。

さらには、その医療施設のある地域の状況も、求人内容に影響を与えることがあるでしょう。

例えば、医師の数が非常に少ない地域であれば、それを確保しようと待遇のいい求人内容になることが多いですし、地域によって不足している専門医の数や割合も異なってくるため、もし需要があればそれだけ高条件を定時する求人が増えるはずです。


東京都の求人条件について

東京都ではどうでしょうか。

この地域は、日本の首都ということもあり、また、人口も他の地域と比較して桁違いであるため、医療機関の数も非常に多いという特徴を持っています。

病院だけでも600以上が存在。

診療所などは13000を超える数があり、1万を超える診療所を抱える都市は東京のみである状況を考えると、とてつもない大都市であることをここからも認識させられます。

当然医師数も多いのですが、問題は数そのものよりも、医師必要数の実態です。

東京都は、人口10万人あたりの医師数では全国でもトップクラスであり、全国平均を大きく上回っています。

これだけを考えると医師は十分な数がいると思われてしまいますが、そうではありません。

医師必要数の倍率を見ると、これが1を下回っている都道府県はゼロ。

つまり、どの地域も医師が余っているという状況にはないのです。


求人倍率について

医師不足そのものは解消しつつあります。この倍率に関しても極端に悪化はしておらず、むしろ回復傾向にあるとすら言えるでしょう。

しかし、東京都でもこの倍率は1.1近くあるため、医師が足りていない状況は変わりありません。

1.1を下回っていることから決して深刻とは言えませんが、この状況は求人内容にも影響を及ぼします。

外科系や小児科系、産婦人科や心療内科などは高待遇の求人が多く、ここからも医師不足が露呈している形。

都内のみで探してみても、待遇が悪い求人とはほとんど出合えないでしょう。

ただ、地方に行けばさらに高待遇・好条件の求人が見つかるという現状もあります。

医師不足が必ずしも深刻ではない状況は、求人内容の魅力を少々下げていることも否定はできません。


どこにこだわりを持って求人を探すのか

これをどう捉え解釈するかは難しいところ。

東京には最新設備の整った最先端医療の学べる医療機関が数多く存在しているため、その点に大きな魅力を感じるか、もしくは、都内で勤めても待遇は悪くはないが、少しでも条件のいい医療施設を目指し敢えて都内以外の施設を選択するのか。

どこにこだわりを持つのかによって、東京という地域の求人に魅力を感じるか否かが変わってくると言えるのかもしれません。